トップ / 工務店で仕様する断熱材

工務店で仕様する断熱材

工務店で断熱加工を

工務店での断熱材の設置

築年数が経過している物件は断熱材が入っておらず、冬の寒さには耐えられなかったり、暖房で温めた熱をキープできない事から窓には結露が出来る場合もあります。省エネに繋げるためには熱を逃がさない工夫が必要で、工務店に依頼すると基礎工事の調査をしたうえで、「どんな方法が適切であるか」という事を考えて、断熱効果の高い素材を選んで補修を行います。必要な部分に散布する事により、モコモコと膨らんで熱を逃がさない発砲ウレタンを使っている会社もありますが、どんな素材を推奨するかは工務店によって様々で、物件の条件に最適なのはどれかを考えて設置するのがプロの仕事です。

工務店,吸音

充填する発泡系断熱材

暑いときや寒いときは、そのままの気温が家の中にくると良くないです。そういうときは断熱材を入れるといいです。断熱材もいろいろあります。グラスウールなどです。スプレーの充填剤などがありますが、もっと大規模なものがあります。それは工務店が使うような発泡系のものです。充填する発泡系のものには、ウレタンやポリスチレンなどがあります。どういうものかは、発泡スチロールなどを見ればわかりますよね。ああいうものが構造部材の隙間に詰められるわけです。これらは発注される方の予算があるでしょうから、工務店に相談してみてください。

↑PAGE TOP