トップ / 工務店で断熱材を取り入れる

工務店で断熱材を取り入れる

工務店で使われる素材

工務店に断熱材の使用を依頼する

建物の壁や床の素材に「断熱材」を使用すると、エアコン無しでも冬は暖かく、夏は涼しくすごせます。ですから、空調にかかる電気代を大幅に節約する事ができるのです。また、省エネが叫ばれている現代においてとても有用なのです。家の建築やリフォームを、工務店や建築業者に依頼する際、多くの場合、お金を出せば、耐震補強をするかどうかや、建物の壁や床の素材をどのような物にするかを指定する事ができます。その時に断熱材の使用を頼むと、依頼主の希望に沿いつつ、工務店の専門的な知識で、適切な個所に適切な量を使用してくれます。

工務店,吸音

断熱材として優れたアイシネン

工務店の建設工事の中でも生活空間を快適にする上では、部屋の壁に断熱材の処理を施すことが必要です。その中でもアイシネンを壁裏等に吹き付けることで、多くの発生する隙間を埋めることが可能となります。アイシネンの優れた点は、発泡性・断熱性・耐湿性・吸音性・難燃性・安全性に優れている点です。特に工務店は、そこに住まう人の安全性の確保に力を入れたい理由もあるため、ホルムアルデヒドやVOCを排出しない安全性があることで、断熱材として採用されることも多いです。なお柱や筋交いが多い在来工の建物での利用にも適しており、発泡性によって隙間を埋めることが出来ることも、メリットとしても大きいです。

↑PAGE TOP