トップ

工務店と断熱材と吸音材

工務店で静かな家を

断熱材についての相談は工務店へ

家を建てる時に、冷気などが家に伝わらないようにするために使用されるのが断熱材です。現在ではいろいろなタイプの製品が開発されています。工務店に相談をすると、どのようなタイプを使用すればよいかのアドバイスを受けることができます。もともとは、外壁と内壁の間に断熱材を充填するのが一般的でした。この方法だと、コストを抑えた製品などを使用する事も可能です。最近では、外張り断熱という方法を使う工務店などもあります。これは、文字通り壁の外側に取り付ける方法で、構造自体を守ることができ、取り付けも簡単というメリットがあります。

工務店,吸音

吸音にも優れた断熱材

断熱材として使われる素材は色々ありますが、グラスウールと呼ばれる素材は工務店の工事でも良く使われます。短いガラス繊維が綿状になったもので、低コストながら利便性が高いのが特徴です。隙間無く敷き詰めると高い断熱性があり外気と室内を遮断することができ、快適な湿度と温度を保つことができます。また吸音という性質も持ち合わせているので、お子様がいるご家庭やピアノを弾く機会がある方にもお勧めの断熱材です。工務店で家を建てるときにはいくつかの選択肢の中から素材を選ぶ機会もあるでしょう。グラスウールも良い選択肢の一つです。

↑PAGE TOP